おでこニキビを予防する方法

おでこニキビをもう二度と作らせない!その方法とは?

おでこニキビが一つできたと思ったら次々と現れてしまい、気が付けば凸凹おでこに・・・なーんて経験はありませんか?

おでこに限らずニキビは原因をつぶしてしまえば現れるリスクを減らすことができるためきちんとしたケアが重要です。

とはいっても、世の中にはたくさんのニキビケア商品や方法があるため、どれをやったらいいのかわからなくなりますよね。

そこで、今回ははおでこニキビを作らせない肌環境を整える秘密を大公開します。

洗顔はニキビケアの基本

すべてのニキビケアの基本ともいえる洗顔。ちゃんと正しい方法で出来ていますか?

たっぷりの泡を使って、ゴシゴシこすらずにやさしく洗い、すすぐのも極力肌に力が加わらないように・・・

これらは、基本中の基本です。

ですが!

出来ていると思っていても意外と「洗い残し」があるケースが多いんです。

それは「髪の毛の生え際」です。

いくらおでこの面積が広いところを洗っても生え際がおろそかになっているとそこから汚れなどが広がり、ニキビの原因となります。

髪の毛に少しくらいついてもいいので、ちゃんと洗い残しがないように洗顔を行いましょう。

化粧品は必要最低限に!

スキンケアは大切ですが、化粧水・乳液・美容液などいっぱいつけすぎると逆に皮膚環境が悪化する可能性も・・・。

特に、ニキビができるということは皮膚環境が荒れている証拠です。

できれば1つですべてのスキンケアまでカバーできて、ニキビ予防に効果がある化粧品を使うのがシンプルでおすすめです。
部分的にできるニキビケアに効果がある商品もいいのですが、ニキビって結構いろんな範囲にできるので全身に使えるエクラシャルムが最近人気のようです。

1個当たりの単価が高いと感じられるかもしれませんが、あれこれ基礎化粧品をそろえることを考えたら、ニキビケアもできるしお得なのではないでしょうか?

ベースのスキンケアを1つにすると経済面でなく時短というメリットもありますので、忙しい現代人にぴったりですよね。

髪の毛、ヘアアクセなどの接触は極力避ける

おでこは顔の中でも髪の毛やヘアアクセが触れやすい場所。

髪の毛や整髪料がついていたり、ヘアアクセも素材によっては肌にとってダメージを与えてしまうことがあります。

ニキビの原因の一つに「外部刺激」がありますが、これらがまさにそうなんです。

極力おでこに髪の毛がかからないように止めておくか、短くするなど接触する機会を減らすだけでもニキビ発生率がグンとさがりますよ。

帽子やカチューシャ、バンダナなんかも要注意です。

うつ伏せで寝てないですか?

顔を下にして寝ているとそれだけで枕や布団といった寝具と摩擦を起こしてしまいます。

そんなことで・・・と思われるかもしれませんが人は寝ているときにも汗をかきます。

その汗が染みこんだ寝具に、汗をかいたおでこが触れていると考えると・・・・ぞっとしませんか?

寝相というのは無意識のうちに行っているものなので治すのは難しいですが、下を向いて寝ない!と意識するだけでだいぶ違うので気を付けてみてください。

真下を向いて寝ると息苦しいのでそんな人はいないと思いますが、何度も寝返りや顔の向き変更などでこすれるおでこの回数を考えると、横向きで寝るよりは仰向けの方がおすすめです。

正しい寝方はそれだけで睡眠の質をよくしてくれます。寝不足もニキビの原因の一つなのでリラックスできる寝方をマスターするとニキビにとっても、あなたの身体にとってもいいことばかりですよ。

関連ページ

おでこニキビの原因とケアについて
そもそもおでこニキビってなぜ出来るのか。そしてできてしまった後のケア方法について解説します。